日本では和歌で婚約

婚約の歴史は大変古く、日本では万葉集が編まれた時代にはすでに婚約の概念がありました。万葉集を始めとする古典のいくつかに、男女の恋歌を題材にしたものが数多く見受けられます。結婚概念もはっきり成立していませんでしたから、和歌を交換しあう事でお互いに気持ちを確かめ合った後、通い夫のような形で男性が女性の館に通いつめ、そこで契りを結ぶというのが一般的でした。

この和歌を好きな女性に渡すというのが、今で言う“求婚“になるわけです。しかし恋愛の末の婚約という優雅な風習は貴族社会から武家社会へ移行した頃には一変します。婚約は”家”と“家”の結びつきという発想が強くなり、戦乱の世には政略結婚が一般化します。女性は親が決めた相手と婚約せられ生涯添い遂げる事が女の道とされました。この考え方は日本人の精神世界にしっかりと腰を下ろして、明治になるまでの長い間人々の生活を支配し続けました。

社会的しがらみがない平民はもっと自由に恋愛を謳歌していたでしょうが、結婚・婚約の概念が庶民の間にまで広まるにつれ、一部の特権階級のものだった家と家のつながりは、一般庶民の生活にも根付いていきました。女性が自由にものを言えるようになるのは明治に入ってからですから、西洋文化が日本国内に入り込む事によって、婚約指輪を贈ってプロポーズをする現代の形に近づいていったのです。